関浩二のブログ「家いろいろ」

<< やきもき。 | main | びっくり!です。 >>
40てん。

昨日(9/15)西部中学校での職業講話でした。

 

予定時間少し前に校長室に入りました。

私がPTA会長の時の校長先生は他校に移動されたため、新しい校長先生ですが、任期最後の入学式など何度かお会いしているためとても和やかに話が出来ます。

講演にあたって、仕事以外の話をしても良いかと確認したところ、「ご自由にしてください。お任せします。」と返事をいただきました。

「では、寝てもいいよ」って言いますが・・・。

「逆にそう言われると 子供たちは寝ないでしょうね」と言ってくれました。

 

会場に入ると、中学一年生60名と担任の先生など大人が5名ほどいました。

想像していたよりずっと一年生がかわいい。半年前までは小学生だったんですものね。

でも、一抹の不安。

出来るだけ分かりやすく文章を作ったつもりだったのですが、仕事の話して分かるのだろうか?

 

堅苦しい雰囲気にならないようにと、自分もあえて緊張しないようにと作業着で行きました。

まぎれもなく工事現場のおっさんです。

 

最初の校長先生の話で、私の用意したネタを先に言われてしまいました。

また、そのために何が必要か? という問いかけも。

 

いきなり出足でつまづいた感じでしたが、そういうこともたまにはあります。

出来るだけゆっくりと話すように努めました。

練習では25分くらいだったため、もう一つ仕事以外のネタも用意していたのですが、実際にはちょびっとオーバーでした。

 

自己採点は40点。

マイクが用意されていて、腹の底から声を出していなかったので、子供たちに伝わりにくかったと思います。

また、原稿を用意していたので知らず知らずのうちに原稿に意識が向いていたことです。

結果といては落第です。

 

講演後、校長室でお茶を入れていただき雑談していると、教務の先生から「来年もよろしくお願いします。」とお世辞ながら言われました。「もっと優秀な方に依頼してくださいね」とお願いしておきました。

 

子供たちの前での講演という貴重な経験をさせてもらい感謝でした。

 

が、ただただ、疲れました。

 

| ぼやき | 17:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
お疲れ様でした。
自己採点が厳しすぎるような…。
きっと生徒さん達の心に
関さまの真摯なお姿が
残ったことでしょう。
来年もがまだせ〜(^_^)v
| 絵本の虫 | 2017/09/16 10:08 PM |

虫さま ありがとうございます。

先生たちの苦労がよく分かった気がしました。
カンニングペーパーを用意していたので、頭が真っ白になることはなかったのですが、あればどうしても頼ってしまいますね。
大幅な減点要因です。
来年はきっとないと思います。
| せきこうじ。 | 2017/09/18 7:33 AM |

先生たちは毎日生徒さんたちと接して相手をよりよく知ることができる上に、どんどん場慣れしていきます。その点、ゲストスピーカーは相手を知らずして一発勝負で時間内に収める芸当を強いられますから、大変なハンディですよね。本当にお疲れ様でした。
| 絵本の虫 | 2017/09/18 10:28 PM |

なるほど。
場違いかなと思うほどのアウェー感はしょうがないのですね。
勉強になりました。
| せきこうじ。 | 2017/09/19 7:30 AM |










http://blog.seki.be/trackback/1294269
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ